TOKON10実行委員会公式ブログ

第49回SF大会TOKON10実行委員会の公式ブログです。
開催日程:2010年8月7日(土)〜8日(日)
<< 東京SF大全17『渋谷色浅川』 | TOP | 【速報】メインゲストが決定しました >>
東京SF大全18 『水路の夢[ウォーターウェイ]』
0
    ❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀
     東京SF大全について、作家の早見裕司様から、メールをいただきました。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
     前略 
     プログレス・レポート拝読しました。
     東京が出てくる作品ということで、SFかどうか、ぎりぎりでファンタジイに入ってしまうのかもしれませんが、私こと早見裕司の「水路の夢」を、自ら挙げておきます(^^;)。夏から初秋にかけて、玉川上水の小平市近辺に住む主人公が、奥多摩湖の水源から旧淀橋浄水場までを、上水に沿って冒険する物語であります。
     実際に、奥多摩湖から玉川上水、神田川(上水)から西新宿の淀橋浄水場跡までを歩いて取材し、また、玉川上水の歴史と物語とが密接に関わるようにできております。若書きなので、欠陥も多くありますが、それだけに愛着もある作品であります。小説としてどう評価されるかは別として、玉川上水と東京の水道について、これだけ粘って書いた作品も、あまりないように思うのですが……
     もちろん、思い出という強力なバイアスが掛かっていることは、否定しません。
     それでも、自己満足の部分も含めて、作者自身にとって重要な作品ではあります。
    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
     実行委員会ではさっそく拝読させていただき、これはぜひとも「大全」にとりあげさせていただかねばと考えました。
     早見裕司様、ありがとうございます!
    ❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

    「ゾロ目の日」第3弾である。
     3月3日はひな祭り(上巳の節句)の日でもある。ひな祭りは猯し雛瓩忙呂泙襦K寨茲蓮△錣身の穢れを人形(雛)に託して川や海などに流す行事であった。
     穢れを流すには、清浄な水がなくてはならない。

    『水路の夢[ウォーターウェイ]』
    (小説・早見裕司・徳間書店アニメージュ文庫・1990年)

      

     こうしている間にも、刻々と、東京は周辺の狄絖瓩鮗らの内部に取り込んでいる。
    「水源はみんな、東京の外にあるんだ……」
     高校2年生の少女、水淵季里はつぶやく。
    「いつから、水が足りなくなったの?」
    「徳川家康が東京を日本の首都にしてから、ずっとですよ」
     季里の質問に答えた男の正体は、なかなかわからない。
     井の頭公園に、小金井公園に、淀橋浄水場跡地に、男は出没する。そして、水にかかわる東京の歴史を季里に語って聞かせる。…主に犇明郛綽絖瓩砲弔い董
    「航空写真なんかで見るとね、緑の帯が街の中を東西に貫いて見える」
     大地を穿ち溝を掘り、清浄な水をまっすぐに走らせるシステムが狆綽絖瓩任△襦9掌融代に造られた犇明郛綽絖瓩蓮当時の世界最高水準の土木技術の成果だ。今もその一部が水道施設として使用されている。水道は狄縅瓩任△襦それがないところに人々の生活も生命もない。人体の重量の約60パーセントは「水」なのだから。 
     生命体も都市も、いわば、ある種の「水たまり」だ。特定の空間に特定の期間のみ成立した「水たまり」=「水淵」なのだ。
     ヒロインの名は狄緤サ里瓩箸いΑ犁┃瓩蓮屬箸」を、猯き瓩蓮屬箸海蹇廚鯢修靴討い襦
     水淵季里は狄縅の夢瓩魎兇玄茲襦それが、結末の意外な展開に結びついていく。
     ……謎の男の正体が明らかになった時、私は尋ねたかった。
    「ねえ、季里、― 50,000トンの超純水が、堅い岩盤の下に取り込まれている場所があることを知っている? スーパーカミオカンデ ― それは廃坑を利用した大型水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置だね。一万本以上の光電子増倍管にみつめられて、水はどんな夢を見ているんだろうね?」
                                (宮野由梨香)


    (多摩モノレール「玉川上水」駅)



    (「玉川上水」駅前の橋から見た玉川上水)
    | 東京SF大全 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tokon10.net/trackback/1024456
    トラックバック